cc-library010009678

 

社会全体で人材不足が続いているが、それは飲食業界も同じ。

原因は、少子高齢化もあり、また景気が回復していきていることでたくさんの企業が人材確保に力をいれていることも理由のひとつだろう。

さらに、飲食業界の勤続年数は、他の業界よりも圧倒的に短い。

 

アルバイトの勤続は1年

 

飲食業界のアルバイトの勤続年数をご存知だろうか。

1年。

そう、1年である。

勤続1年というのは40%以上で、2年が30%。

つまり70%が2年以上勤務していない、ということになる。

学生アルバイトが多いのが理由のひとつだとうが、1年2年サイクルでアルバイトを募集し続けるには求人広告費も決してバカにならない額になることは容易に想像できるだろう。

しかも6ヶ月以内も10%あり、「アルバイトの定着」というものはない。

 

正社員でも3年以下

 

飲食業界でアルバイトは定着しない。

では正社員ならどうだろうか。

勤続年数3年以下60%

残念ながら正社員を雇いいれたところで、さほど変わりはないようだ。

アルバイトで1年、正社員でも3年。

これでは飲食業界での求人広告費が他の業界よりも高い理由も納得出来る。

 

長く勤務してもらうための企業努力

 

こうも従業員がすぐに辞めてしまうと、業務にも支障が出る。

広告を出し、面接をし、採用し、教育をする。

そこまでの費用と時間をかけてもすぐに辞められていては困るのも当然だ。

従業員に勤続してもらうために、企業はどのような努力をすれば良いのか。

その方法を知るには「離職理由」を明らかにする必要があるだろう。

離職理由の多くは、「勤務時間、休日」である。

飲食業界はどうしても他の業界に比べ、労働時間や休日が不規則になる。

それを改善するにも限界がある。

その問題を補うには、「適切な昇給、キャリアアップ」が必要だ。

仕事に対し、適切な評価をし、適切な昇給が明確になっていれば従業員のモチベーションも高く維持できるだろう。

中には、社長や幹部との食事の機会を増やし関係を深めるという方法をとっている企業もあるが、昨今の若者は、そのような関係を煩わしいと思う者も少なくないので注意が必要だ。

 

従業員の定着に必要なもの

 

「従業員は辞めるもの」と割り切り、常に求人を出し続ける方法もあるだろう。

しかし、それだけでのことができる資本力のある企業ならいいが、そのような企業はなかなかない。

やはり、従業員を定着させる必要があるだろう。

まずは、採用時に勤務時間や休日について詳しく説明をしておくこと。

これをすることで、採用後のギャップを少しでも解消することができる。

また、キャリアアップや昇給についても明確に伝えることで従業員のモチベーションを上げることが出来るだろう。

 

これからも続く人材不足のために、企業努力は欠かせないものとなりそうだ。

 

 

 


ポチッとフォローお願いします!
ポチッといいね!お願いします!

完全無料のエニーテンにあなたも今すぐ無料登録!

エニーテンに登録すれば知名度急上昇!
完全無料で短期間に1000人以上に認知してもらえます。
あなたのビジネスに合ったシリーズに今すぐ無料登録しましょう!
【無料求人】完全無料の求人サイト エニーテンリクルート
→ https://recruit.anyten.jp/
【掲示板】就職掲示板 エニーテンリクルート
→ http://shukatsu-bbs.com/
【飲食店】無料で集客したいならエニーテングルメ
→ https://gourmet.anyten.jp/
【美容室】人気の美容室は利用しているエニーテンビューティー
→ https://beauty.anyten.jp/
【介護】介護施設専用、無料の宣伝サイト エニーテンケア
→ https://care.anyten.jp/
【占い】占い師専用、無料の宣伝サイト エニーテン占い
→ https://uranai.anyten.jp/
【お取り寄せ】お取り寄せサイト専用、無料の宣伝サイト エニーテンお取り寄せ
→ https://otoriyose.anyten.jp/
【アプリ】アプリをダウンロードしてもらいたいなら エニーテンアプリ
→ https://apps.anyten.jp/
【経営】儲かるマーケティング経営戦略室123MKT
→ http://123mkt.link/



sponserdlink